スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< ジューンブライド | main | 今日も暑いです。 >>

女子バレーロンドン銅メダルおめでとう!

 全日本女子バレーが銅メダルを獲得
こんなにも感動させてくれる団体競技があっただろうか。

なんといっても苦難を乗り越え世界最小、最高のセッターへと成長してきた竹下。

さらに世界有数と評価されるリベロの佐野。

そして、スーパー高校生と称され代表招集され、今では揺ぎ無い世界を代表する日本のエースとなった木村沙織

しかし、彼女らは世界の選手からみると身体的な部分では劣っている。
木村沙織は身長185cmとはいえ、世界トップレベルのエースは190cmを超える。
しかし彼女は自分が身体的に劣ることを良く理解している。
自分は身長もパワーも他の国のエースに比べ劣っている。だから一瞬の状況判断とか柔かな手首で打ち分ける技術、相手の裏をかく細かな動きなど、妥協のない練習によって磨いていかなければいけないのだと・・・。

竹下と佐野も同様に身体的に劣る己を技術的な面から磨いて厳しい代表選手の枠を取り続けてきた。

今回の銅メダル獲得の裏には多くの選手の涙が存在し、その涙が代表選手の力となっているように感じる

怪我によって引退し、今では解説に回っている大山加奈。
同じく怪我に苦しみ、代表から外れてしまった栗原恵。

この二人は前大会である北京オリンピックで、日本女子バレーの復活を託された柳本監督のもと、「パワフル加奈」&「プリンセスメグ」といわれた選手だ。

こういった多くの関係者の無念や期待を一身に受けて世界の強豪と戦い、勇敢に勝ち取った銅メダルは、日本全国民にとって誇り高い勲章となるのではないか

この勇気を励みに自分の人生も一花咲かせようと力をもらった人は少なくないのではないだろうか


アースブレスレット

| - | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 22:26 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://shop-msstyle.jugem.jp/trackback/41

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
スマートフォンケース
HRK「すらっと宣言」
利用者30万人以上Brandear(ブランディア)
豆乳クッキーダイエット
リンク集
被リンクアパート賃貸WEBリニューアルホームページ作成無料岩手のホームページ作成サテライトサイト相互リンク代行学校のホームページ作成ジムニーカスタムホームページリニューアル
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM